Pocket

chusya128_128高麗人参は「性機能向上効果」があります。不妊症に悩む男性、女性それぞれに有効な作用を発揮させるようです。今回は高麗人参と性機能の関係を紹介します。

高麗人参の効果効能「性機能向上効果」が期待できる理由

高麗人参に性機能向上効果がある理由としては、下記のものがあります。

  • 造血作用がある
  • ホルモン分泌の促進効果がある
  • タンパク質合成促進作用がある
  • ストレス解消効果がある

これらのことから、高麗人参は性機能向上効果があるとされています。

高麗人参の効果効能「性機能向上効果」の仕組み

造血作用について

高麗人参の有効成分であるサポニンは、造血作用があり血液の巡りを良くする効果があります。勃起のためにはスムーズに血液が流れていなければなりません。

また血液の流れが改善されることにより、体温上昇効果というのも期待できます。高麗人参によって体温が上がることで、男性の性欲が増進するのです。体の冷えから精力が減退しているという方には、有効な働きがあります。

冷えに関して女性の性機能や不妊症にも密接に関わりがあります。血行を改善させることは冷え症の改善にも効果がありますが、それ以上に性機能の改善にも必要不可欠な要素といえます。

ホルモン分泌の促進

高麗人参には、ホルモン分泌を促進する作用があります。高麗人参は体内に入った際に性ホルモンのような働きをすることがあります。

女性ならば、卵巣機能賦活作用や卵胞刺激ホルモンの上昇作用があり、男性なら男性ホルモンの上昇作用というのも期待できます。

不妊症の原因の1つにホルモンの減退があり、その治療としてホルモン充填療法があります。しかし、これには副作用もあるのですが、高麗人参を使用してホルモン分泌を促進させれば、副作用なくホルモンの量を増やすことが出来ます。

タンパク質合成促進作用

性機能減退の原因や不妊症の原因として精子量が少なくなるということがあります。

精子を生成するには、体力などが必要になるのですが、高麗人参を服用することで、睾丸でのタンパク質合成促進作用があり、その結果として精子の減少に対して有効な効果があると期待されています。

ストレス解消効果

性機能とストレスは密接に関わりがあります。男性の場合はストレスが原因でED(勃起不全)になることがありますし、女性でもストレスによって排卵日などが乱れてきます。また、ストレスが溜まっていれば性欲という根本的な欲求がわき上がってこないことも考えられます。

高麗人参はストレスによって興奮しているのであれば、その興奮状態を抑える効果とストレスにより気分が沈んでいるのなら活力を与えて元気にする、矛盾した2種類の効果を持っています。

これは高麗人参の有効成分サポニンの影響なのですが、高麗人参の中には30種類を超えるサポニンが含まれており、矛盾している効果すらも期待することが出来るのです。

まとめ

高麗人参は下記のような性機能向上効果を持っています。

  • 造血作用
  • ホルモン分泌の促進効果
  • タンパク質合成促進作用
  • ストレス解消効果

この3点が高麗人参から得られる、性機能向上効果です。

体を温め、性ホルモンの量を増やし、精子の量を増やし、ストレスを解消させることが、高麗人参には期待される効果です。

Pocket