Pocket

graphline3128_128高麗人参は、「夏バテ対策」に効果を発揮します。夏バテになると様々な病気に発展する可能性がありますし、非常に不快なものです。高麗人参のどのような成分が夏バテ対策に効果を発揮するのか、紹介をします。

夏バテの原因と考えられるもの

高温多湿の日が続きますと、体調不良を起こしやすくなります。それが夏バテなのですが、夏バテの原因としては3つの原因が考えられます。

その1は、体内の水分とミネラル分が不足することが原因として考えられます。

高温多湿では大量に汗をかいてしまいます。そのせいで、体に必要なミネラル分と水分が排出されてしまい、脱水症状を起こしてしまい、夏バテとなるのです。

その2は、暑さからくる食欲の低下です。

暑くなりますと胃の消化機能が低下して、食欲がなくなります。その上で、栄養の吸収率が悪くなりますので、体に必要な栄養素が不足していきます。また、暑くて冷たいものを飲み食いすると胃腸の機能がさらに低下します。

その3は、屋外と室内の温度差により自律神経が乱れることが挙げられます。

屋外と室内で温度差がありすぎますと、体温を調整する自律神経が対応しきれずに、徐々に自律神経が疲労していき、夏バテをはじめとする諸症状が発生します。

高麗人参の効果効能「夏バテ対策」が期待できる理由

3つの夏バテの原因を前述しましたが、そのすべてに高麗人参は改善効果を発揮します。

まず、高麗人参にはミネラル分やビタミンB群が豊富に含まれています。

さらに、高麗人参に含まれるサポニンという有効成分の効果には、食欲調整作用と自律神経調整作用があります。

これらにようって、高麗人参は夏バテに効果を発揮するといえます。

高麗人参の効果効能「夏バテ対策」の仕組み

豊富な栄養素

高麗人参には、豊富なミネラル分が含まれています。不足してしまいがちな必須ミネラルまで高麗人参は豊富に含んでいます。

また、高麗人参には夏バテに効果的なビタミンB1をはじめとしたビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は、例えばビタミンB1のみを摂取するよりは、他のビタミンB群と一緒に摂取することで、高い相乗効果を発揮します。

そのため、栄養面からみても高麗人参は、夏バテには効果を発揮するといっていいでしょう。

食欲調整作用

高麗人参には、満腹中枢に直接作用して食欲を調整する働きがあります。食欲が低下しているときは、食欲を促進する効果というのがあります。

しかし、食べ過ぎている場合は、逆に食欲を抑制する効果がありますので、食べ過ぎることはありません。

胃腸の働きを高める

高麗人参は血管を拡張する働きがあります。その働きにより体中の血のめぐりが促進されます。その結果として、胃の血流が促進されるので、冷たい水分によって冷えた胃の働きを改善し、栄養の吸収率が高くなります。

自律神経調整作用

高麗人参には自律神経を調整する作用があります。交感神経と副交感神経両方に作用して、交感神経の働きを抑制して、副交感神経の働きを助けるのです。

疲労して活動が鈍くなっている自律神経の活動の活性化に、高麗人参は効果を発揮するのです。

まとめ

高麗人参には、夏バテ対策に有効的な効果を発揮します。

夏バテの原因は、ミネラル分の不足、胃腸の活動低下、自律神経の乱れが考えられます。

高麗人参には、夏バテに効果的なミネラル分とビタミンB群を豊富に含んでいます。また血行の改善や食欲調整作用にて食欲を増進させて、自律神経の乱れを整える効果があります。

Pocket