Pocket

doctor4128_128高麗人参の効果効能に「風邪予防効果」があります。風邪は万病の元といわれますので、風邪にならないということが重要です。高麗人参のどのような成分のおかげで風邪予防効果が発揮されるのでしょうか? 今回は風邪予防効果を紹介します。

風邪を治せる薬はありません!

風邪を治す薬を発明したらノーベル賞ものであるということを知っていますか? 実は現在、一般的に流通している風邪薬というのは風邪のウイルスを退治する薬ではなく、熱を下げたり喉の痛みをとったりする薬なのです。つまり対症療法の薬なのです。

風邪のウイルスというのは複数種類存在していて、すべての風邪ウイルスに同じように効果を発揮する特効薬というのは、現在のところ開発されていないのです。

そのため、風邪になったら免疫力を向上させて、自然治癒するのを待つというのが、今の医学の限界なのです。

高麗人参の効果効能「風邪予防効果」が期待できる理由

高麗人参は風邪のウイルスが体内に侵入して悪さをする前に、免疫力を高めてウイルスを退治することを期待が出来ます。

  1. 免疫力向上効果
  2. 抗菌効果
  3. 体力増強効果

高麗人参には、この3つの効果を期待することが出来ます。

高麗人参の効果効能「風邪予防効果」の仕組み

免疫力向上効果

高麗人参には免疫力を高める効果があるというのがわかっています。高麗人参に含まれるサポニンはウイルス抗原に対する細胞免疫やナチュラルキラー細胞が活性化する効果というのがあります。

白血球と赤血球の量が増え、体中に栄養と酸素がいきわたる上に、ウイルスを退治する白血球の量が増えるのです。

高麗人参に含まれるアルカロイドの効果により、マクロファージというアメーバ状の免疫システムを担う細胞とBリンパ球という抗体を生成し細菌やウイルスによる感染を防御する働きを担う細胞の活性化をも期待することが出来ます。

また、血流の流れも良くなりますので、体温の上昇を期待することが出来ます。人間の体温が1度低下することで免疫力が30%低下しますので、体温が上がることで免疫力を高いままに保つことが出来ます。

抗菌効果

高麗人参に含まれるサポニンには、抗菌効果というものがあります。

サポニンが元来もつ殺菌効果にて、体内に侵入してきたウイルスを殺菌することができ、風邪の予防となります。

体力増強効果

高麗人参には恒常性維持機能を活性化する働きがあります。例えば、病気になりやすいいわゆる未病の状態を改善する効果があるのです。

未病とは東洋医学の考え方になりますが、病気ではないけれど、免疫力が低下していて風邪のウイルスが体内に侵入したらすぐに病気へ発展するという状態を指します。疲労がたまっている、だるさが抜けない、睡眠不足など未病の状態はさまざまですが、高麗人参はこれらの免疫力が低下する状態改善に効果を期待することが出来ます。

未病の状態から健康な体に戻ることで、免疫力が高まりますので、風邪のウイルスが体内に侵入しても速やかに退治することが出来るようになります。

まとめ

風邪になってしまうと、自然治癒力にて治すしかありません。そのため、風邪をひかないことが重要になってきます。

風邪をひかないためには、免疫力を高めることが有効的なのですが、そのために高麗人参は非常に効果を発揮します。

高麗人参には免疫力を高めるほかに、高麗人参に含まれるサポニンは抗菌作用に優れており、滋養強壮作用、体力増強効果というのも期待することが出来ます。

風邪を引いたとしても、早期回復を期待することもできます。

Pocket