Pocket

lanking128_128プンギ産の高麗人参は、韓国国内で流通してる高麗人参と比べても、有効成分の人参サポニンの含有量が多くなっています。そのため、プンギ産の高麗人参は最高級品として流通をしています。なぜ、人参サポニンの含有量が異なるかなど、理由を紹介いたします。

高麗人参の最高級品は?

高麗人参は、韓国産の高麗人参が他の産地と比べると薬効成分が多く含有されていますので、高麗人参の産地の中ではやはり別格に扱われているのです。

その韓国産高麗人参の中でもさらに別格、最高級品の高麗人参が「プンギ産高麗人参」です。

プンギとは?

韓国,キョンサンプク (慶尚北) 道の北端,ヨンプン (栄豊) 郡の北西部にある町です。過去から現在に至るまで、高麗人参の産地として有名な場所となります。

朝鮮半島と高麗人参

高麗人参というのは、非常に育てるのが難しい植物です。

しかし、朝鮮半島には「山参」と呼ばれる天然の人参が済州島と全羅南道を除いて全域に分布していました。つまり、朝鮮半島は高麗人参を育てるのに適した環境を持っているのです。

現在では、その数を減らし幻の域に達していますが、朝鮮半島ないにはいまだに山参は自生しているとのことです。

高麗人参の好む気候

高麗人参の好む気候になりますが、年間平均気温が1~14度、夏は20度~25度、降水量は700~2000ミリ、若干雪が積もると望ましい。

また、水を好むが湿気を嫌い、日陰を好む。地表が乾いていて、地中に湿り気があり、腐葉土が浅く、陽光が一日中強くさしたり、まったく陽が当たらないところでは、育たないがいいとされています。

ただ、これらの環境を与えたとしても、高麗人参の育ちはよくないと古書には記載されています。

プンギの地質と気候

プンギは、小白山ろくの有機物を豊富に含んで土壌があり、もともと山参が自生していた場所なので、高麗人参の栽培には、プンギは非常に適しているのです。

さらに、他の地方より、プンギは高麗人参の収穫を一ヶ月遅くすることが出来、この一ヶ月遅いというのが、他の地方よりもサポニンの含有量が多い高麗人参になる理由だそうです。

また、天然に近い栽培法を採用することにより、非常に薬効バランスの整った高麗人参になるようです。

皇帝献上品もプンギ産高麗人参

朝鮮半島の王朝は、中国の皇帝へ献上品を奉呈することで権力を維持していました。その皇帝への献上品の中には、当然、不老長寿の妙薬として信じられていた高麗人参があるのですが、それはプンギ産の高麗人参だったそうです。

プンギは古来から皇帝へ献上するための、最高級の高麗人参を栽培していた町なのです。

プンギ産の高麗人参を使用したサプリ

koraibijin_itemプンギの人参栽培農家が丹精込めてつくった最高級品質の高麗人参というのは、やはりそう簡単に手に入らないものです。

そんな非常に希少なプンギ産の高麗人参を使ったサプリメントがあります。

高麗美人というものですが、プンギ産の高麗人参、しかも6年根というこれまた高級な高麗人参の紅参を使用しています。

紅参というのは、薬効成分であるサポニンの量が最大化する加工方法で作られたものを原材料として使用しています。

プンギ産高麗人参の紅参を100%使用していますので、美容と健康に絶大な効果を期待することができますし、発揮してくれると思われます!

しかも、コスパが優れているので、これは正直お得です。

高麗美人はこちら

まとめ

プンギ産高麗人参は、古来から皇帝へ献上するために栽培されていました。そのため、プンギの高麗人参農家はプライドを持って高麗人参を栽培しています。

そして、プンギ産の高麗人参は天然に近い栽培環境で育てられ、他の地域よりも1ヶ月間遅く収穫されますので、有効成分のサポニンを多く含んでいるのです!

プンギ産高麗人参の紅産を購入するのは非常に難しので、プンギ産の高麗人参の紅参を100%使用しているサプリメント、高麗美人はオススメです。

Pocket