Pocket

creditscoreup128_128田七人参には、女性に嬉しい「貧血改善効果」というものがあります。貧血は女性の多くが悩んでいる問題なので、田七人参を摂ることで貧血が改善されたら嬉しいのではないのでしょうか。今回は田七人参のどのような成分のおかげで、貧血改善効果が期待できるのか紹介をします。

田七人参の効果効能「貧血改善効果」が期待できる理由

田七人参に含まれる豊富な栄養素とサポニン、田七ケトンの効果によって貧血改善効果というものを期待することが出来ます。

しかし、田七人参を飲んでいるからといってすぐに貧血が改善されるわけではありません。バランスの良い食生活に気を配りながら根気よく、田七人参を服用していくことで次第に貧血を改善していくことが出来るでしょう。

田七人参の効果効能「貧血改善効果」の仕組み

鉄分

貧血の90%がこの鉄分の不足によって起きます。

田七人参には、鉄分が100gあたり22.1mgと豊富に含まれており、赤血球のヘモグロビンの材料になるのが、鉄分です。

そして鉄分に関しては必須ミネラルの1つなのですが、鉄分の吸収率というのはあまりよくありません。8から10%程度の吸収率しかありませんので、欠乏しやすいのが特徴で、女性に関しては1/3から1/2は潜在的な鉄分不足といわれています。

血液中の鉄分と体内に貯蔵している鉄分(貯蔵鉄)が不足することで、貧血の症状が現れます。鉄分をしっかりと摂ることで、免疫力の向上、粘膜形成の促進という効果も発揮します。

亜鉛

田七人参には、100gあたり1.39mgの亜鉛が含まれています。亜鉛は体の中の酵素に働きかけて活性化させる効果があります。

サポニン

田七人参には、サポニンという有効成分が100gあたり7.7gほど含まれています。サポニンの量に関しては高麗人参の3から7倍も多く含まれています。

田七人参のサポニンには、血液をさらさらにして循環をよくする働きがあります。血液の流れを悪くする血中コレステロールの排出を促し、余分なコレステロールの蓄積を防ぐ効果があります。

血液成分のバランスと循環が悪いことで起きる貧血の予防には、田七人参のサポニンは効果を発揮するのです。

田七ケトンの効果

田七人参には、田七ケトンという成分が含まれています。この田七ケトンンには冠状動脈の血液量を増やす効果というものがあります。

また、血液中のコレステロール値を減らす効果というのもありますので、貧血の予防に効果を発揮します。

まとめ

田七人参に含まれる栄養素として下記のものが貧血改善の効果があります。

  • 鉄分
  • 亜鉛
  • サポニン
  • 田七ケトン

これらの効果によって貧血を改善させます。

特に鉄分の不足と血液循環の悪化というのが貧血の原因としては多くみられます。田七人参は鉄分をはじめとした豊富なミネラル、アミノ酸を含んでいますので、貧血改善や冷え症改善などにも効果を発揮します。

また、田七ケトンは冠状動脈の血液量を増やす効果というものがあります。

田七人参を摂取するのみならず、食生活や生活習慣を整えていくことで貧血を改善させることが出来るでしょう。

Pocket