Pocket

白井田七

shirai_item白井田七はさくらフォレスト株式会社が販売している田七人参のサプリメントです。

発売より6年のシリーズ累計が10万本突破をしている、人気の田七人参サプリメントです。

田七人参とは、漢方薬で有名な高麗人参と比較をすると有効成分のサポニンの量が7倍も多く含んでいます。「サポニン」は、体のめぐりをサラサラにする効果があります。特に糖質が気になる方の栄養を強力にサポートをします。

さらに、一般的なサプリメントとの違いは、田七人参の使用量が29.4g、内容量は120粒×250mgです。また、使用されている田七人参は、農薬不使用の有機栽培品です。

サプリメントは、GMP認定工場と有機JAM認定工場にて、製造されていますので、安全性に関しては極めて高いといえます。

1日あたりの費用は21.6円とコストパフォーマンスも優れており、15日間の返金保証もあります。

白井田七の実績

発売より6年シリーズ累計10万本突破(2015年9月アドバンス調べ)

発売より6年でシリーズ累計10万本を突破しています。同じ人参の高麗人参と比較をするとそこまで地名度の高くない田七人参サプリメントがシリーズ累計で10万本を突破しているのは、珍しいといえます。

また、利用している田七ファンの94%がスッキリして大満足との感想を送っています。

白井田七の白井人参の品質

白井田七の安全性や独自製法

有機IFOM認証

IFOAMとは、International Federation of Organic Agriculture Movements (国際有機農業運動連盟)の略称です。

1972年にパリ近郊で設立され、それ以降、世界中の有機農業の普及を務めてきた組織になります。現在、世界111ヵ国以上、約770団体がIFOAMに加入しており、IFOAMは、ISO(国際標準化機構基準)から公式の基準設定機関として認定されています。

そして、白井田七は、田七人参栽培ではもちろん世界初ですが、他の農作物栽培でもほとんど認証されることのないこの国際有機認証を取得しました。

有機JAS認証

以前は有機資材を利用して栽培された農作物も有機農産物と呼ばれていました。しかし1992年の「有機農産物及び特別栽培農産物に関わる表示ガイドライン」が制定されたことにより、化学的に合成された肥料及び農薬を避けることを基本として、播種または種付け前2年以上の間、堆肥等により土づくりを行なった圃場において生産された農産物と定義されました。

2000年には、日本農林規格(JAS)が改正され、農作物について有機農産物またはそれに類似した表示をするためには、農林水産省の登録を受けた第三者機関の認証による有機JASの格付け審査に合格することが必要となったのです。

これにより、有機農産物、有機農産物を加工して作られた食品の名称の表示は「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」の適用を受け、認証先を記した有機JASマークが必要となります。違反した場合、罰則を受けることになります。

白井田七のコストパフォーマンス

1日あたりの費用(単品)216.0円
1日あたりの費用(定期)132.7円

このようにコストパフォーマンスが優れており、とても継続をしやすい価格なのではないのでしょうか。また、15日間の返金保証がありますので、安心して試してみることができるのではないのでしょうか。

白井田七の概要

商品概要
人気ランキング1位
商品名称
白井田七
メーカー名さくらフォレスト株式会社
形状錠剤
販売実績発売より6年で、100,000本達成!
田七人参ブランド-
田七人参種類-
その他主要成分-
独自製法-
単品購入(税抜)6,480円
定期コース毎月(税抜)3,980円
内容量120粒
1日摂取量4粒
何日分30日分
1粒あたりの内容量250mg
1日あたりの費用(単品)216.0円
1日あたりの費用(定期)132.7円
100mgあたりの費用(単品)21.6円
100mgあたりの費用(定期)2.0円
単品購入時の送料無料条件無料
返金保証15日間の返金保証あり
その他特典-
詳細詳細
Pocket